時事通信社
2007年・事前企画記事

国際舞台復帰に奔走―森武さん(2)
 =停滞期経て日中交流揺るがず=

【日中スポーツの架け橋】
森武さん 1966年の夏。日本と中国の卓球チームが相互に訪問して試合を行う交歓大会は軌道に乗りかけ、3回目を迎えた。だが、訪中した日本選手らが街で目にしたのは、異様な光景だった。三角帽をかぶった男性が手を縛られて歩かされている。文化大革命初期の様子だ。仕事で同行できなかった森武さん(75)は、後に伝え聞いた。「思わず恐怖感を覚えた、と言っていました」
 交歓大会はこの年を最後に頓挫。65年の世界卓球選手権で5種目を制した中国は、次の67年大会、さらに69年大会にも姿を見せなかった。
 71年は名古屋大会。前年の秋、中国の周恩来首相が選手団派遣の考えを持っていることが伝わってきた。日本卓球協会は「大会の成功には強豪中国の復帰が不可欠」と判断。台湾との政治的関係が絡む難題だったが、中国の立場を尊重し、参加させることに成功した。
 その後、森さんが日本協会を代表して日本体育協会や文部省に経緯を説明したが、「卓球は勝手なことをするな、としかられた」という。大会中は中国選手団の担当者として安全確保などに神経をすり減らした。
 そんな中、中国は7種目のうち4種目で優勝。米中関係の進展(ピンポン外交)でも世界を驚かせた。森さんは中国関係者が頻繁に本国と連絡していることに気付いたが、歴史を動かす出来事の予兆だとは思わなかった。「強くて注目されるからこそ、周首相は卓球を道具にできたのだと思う」。卓球を国際社会復帰の糸口にした手腕には、今でも感服する。
 停滞期を経て再開した日中交流の基盤は、もう揺るがない。日本の歴史教科書検定問題などに反発し、中国各地で反日デモが起きた2005年春。世界選手権上海大会に参加した日本選手団は外出時もジャージーに付けた日の丸を隠しはしなかった。かつて選手として交歓大会を経験し、中国を信頼する日本協会の木村興治専務理事が「普段通りに行動するように」と指示。中国側も万全の環境を整えてくれた。
 日中の卓球交流は昨年で50周年。競技レベルは中国に逆転されたが、培ってきたきずなは不変だ。森さんは「中国選手には勝たなければ、という重圧があると思う。それも宿命。北京五輪では卓球のみならず、大会そのものをぜひ成功させてほしい」とエールを送る。(了) 写真説明:1960年代に卓球の日中交歓大会などを通じて両国のスポーツ交流に尽力した森武さん【時事通信社】 (配信:2007/10/31)

   

北京五輪名場面集