時事通信社
記者ブログ

「へそ出しルック」は当たり前?

へそ出しルック 夏真っ盛りの北京に来てまず驚いたのが「へそ出しルック」。シャツを胸までたくし上げ、おなかを丸出しにしている男性が街中のそこかしこで歩いている。ほとんどは中年だが、若い人も少なくない。かなり見苦しいファッションだ。
 地元でもみっともないと感じる人がいるのか、昨年は「オリンピックまでに、街中でおなかを出す人をゼロにしよう」とインターネット上で呼び掛ける運動もあったという。しかし、現状を見ると効果はほとんどなかったようだ。
 なぜ、おなかを出すのか。道に座り込んでいた人に聞いてみた。「北京は暑いからね。夜になって寒くなったらまたシャツのすそを下げればいい。簡単な理由だろ?」。合理的?な説明に、隣に座っていた「へそ出し」の人もうなずいていた。
 ある冷房のない中華料理店では、店員がおなかを丸出しにして注文を取りにきた。太鼓腹をゆらしながら「何がいいですか。ビールも飲みますよね?」。昼食時だったが、店員の暑苦しい格好を見て思わず注文。そのビールがぬるくて、余計暑苦しくなった。(了) 朝陽公園内で見かけた、シャツをまくりあげておなかを出した男性。五輪関係の作業スタッフと見られる(北京)(配信:2008/8/08)



北京五輪名場面集