時事通信社
五輪ヒストリー

第1回大会は「女人禁制」

第1回アテネ大会の男子100メートル決勝 1896年4月6日、第1回オリンピック大会は、新しくなったアテネのパンアテナイ競技場に5万人の大観衆を集めて開会式が行われた。記念すべき第1回大会に参加したのは14カ国。陸上、水泳、体操、レスリング、フェンシング、射撃、自転車、テニスの8競技43種目を行った。参加選手は280人ですべて男性。古代オリンピックと同じように「女人禁制」の大会だった。
 近代オリンピックの創設者であるピエール・ド・クーベルタン男爵は、女性のスポーツ参加については消極的だった。フランス貴族の家柄に生まれた彼は、勝利者に栄冠を与える役目こそが女性にふさわしいと思っていたようだ。
 女性がオリンピックに初めて出場したのは第2回パリ大会。しかし、1066人の競技者中、わずか12人にすぎなかった。
(配信:2008/5/12)

◎【その時世界は】20世紀の幕開けを直前に控えた当時の世界は帝国主義が支配し、列強の策謀が渦巻いていた。日本は前年、朝鮮半島の権益をめぐり清国との間で戦火を交え(日清戦争)、清朝に対し、朝鮮の独立を認めさせるとともに台湾などを日本に譲渡させた。日本が列強の1つとして国際社会の中で台頭してきたころである。

写真説明:第1回アテネ大会の男子100メートル決勝の様子を描いた絵画。スタートの姿勢はまちまちだ。優勝したのは左から2番目の米国選手【AFP=時事】

※主要参考資料
近代オリンピック100年の歩み(ベースボールマガジン社)、最新スポーツ大事典(大修館書店)、オリンピックの事典(三省堂)、国際オリンピック委員会の百年(IOC)、日録20世紀(講談社)、JOCホームページ、熊本県和水町ホームページ

五輪ヒストリー


北京五輪名場面集