時事通信社
野球
五輪特集トップ野球>指定記事

青木、気を吐く〔五輪・野球〕

 最近3試合無安打だった青木が2安打1打点と気を吐いた。3回、外角球を逆らわずに三遊間を抜く技ありの一打で2点目を奪った。
 シーズン序盤を打率トップで終えた青木。今大会では西岡のけがなどもあり、1番に入ったりもしたが、安打製造機ぶりは健在。打撃フォームも、シーズン中よりステップを変えるなど、さらに向上している。決勝戦の切符は逃したが、「あしたは何とか勝ちたい」。銅メダル死守に、もうひと暴れを誓った。(北京時事)
(2008/08/22 17:06)

記事一覧



北京五輪名場面集