時事通信社
野球
五輪特集トップ野球>指定記事

藤川「自分の力不足」〔五輪・野球〕

 藤川は「相手が上ということ」と韓国の力を素直に認めた。1点リードの7回から登板。四球と安打で二死一、二塁とされ、代打の李晋映には抜けたフォークを右前にはじき返された。自身は4試合目で初失点だったが、これで同点に追いつかれ、大事な準決勝で抑えの仕事を全うすることができなかった。「自分の力不足。韓国は強い」と話した。(北京時事)
(2008/08/22 20:44)

記事一覧



北京五輪名場面集