時事通信社
野球
五輪特集トップ野球>指定記事

北京五輪・談話(野球)〔五輪・野球〕

◇申し訳ない
 星野仙一監督 ある意味、選手がかわいそう。大会を通じてあらゆる面で。オリンピックというより野球そのものが不思議でしようがない。リズム、流れ、そういうものがある。ミスも野球の一つ。選手たちは必死でやってくれた。結果がこうなり、申し訳ない。ただその一言。
◇責任感じる
 宮本慎也主将 完敗、その一言。プレッシャーはないわけではない。プロなので承知でやっている。(ファンには)本当に申し訳ない。2大会連続でキャプテンをさせてもらって期待に応えられず、責任を感じている。
◇力がなかった
 阿部慎之助 負けたのは事実。力がなかったということ。悔しいけど、世界ではこういうこともあると勉強になった。
◇責任感じる
 稲葉篤紀 (5番として)全力で戦ったが、結果がすべて。責任を感じる。メダルを取れず、申し訳ない気持ちでいっぱい。
◇いい経験したが
 成瀬善久 いい経験をしたと思うが、結果が出なかった。残念。
◇忘れられない体験
 韓国・李承※ (韓国の初優勝に貢献し)とてもハッピーだ。偉大で忘れられない体験になる。決してあきらめず、勝利を目指した。そして準決勝と決勝で本塁打を打ったんだ。(※=火ヘンに華)(時事)
(2008/08/23 23:58)

記事一覧



北京五輪名場面集