時事通信社
その他の競技

スペイン、銀に充実感〔五輪・バスケットボール〕

 スペインが米国に決勝で敗れ、初の金メダルを逃した。84年ロサンゼルス五輪と同じ光景。それでも2点差まで相手を追い詰めた充実感はあるのだろう。選手は肩を組み、表彰台の上でジャンプ。銀メダルを誇らしげに掲げた。
 終盤3点シュートを立て続けに決めたフェルナンデスは、スペインリーグに所属する23歳。昨年NBAでドラフト指名されたばかりの若手が、チーム最多の22点。選手層の厚さを見せ付けた。
 最終戦はやや不本意な出来だったガソル兄弟の兄パウは「向こうはドリームチームに近い存在だった」と話し、「精神状態が相手とは違っていた。ぼくらはミスが多く、緊張感が足りなかった」と分析していた。(北京時事)
(2008/08/24 20:08)

記事一覧



北京五輪名場面集