時事通信社
その他の競技

菊地さん作曲「我愛北京」で祭り=閉会式でアジア力アピール〔五輪・閉会式〕

 【北京24日時事】燃え続けた聖火が消えると、北京五輪閉会式は日本人音楽プロデューサー菊地圭介さん(45)が作曲した「北京(ベイジン)、北京、我愛(ウォーアイ)北京」が流れ、一気に祭りムードに突入した。アジアのトップスターが会場と一体となって歌い上げた。
 菊地さんは、人気歌手・浜崎あゆみさんのヒット曲を手掛けたこともあり、現在は北京を拠点に活動。アップテンポで「ベイジン」と繰り返し歌う曲は、北京五輪組織委員会に閉会式のテーマソングとして選ばれた唯一の日本人の作品だ。
 フィナーレには、香港スターのジャッキー・チェンさん、劉徳華(アンディ・ラウ)さん、陳慧琳(ケリー・チャン)さんのほか、米国出身の台湾人気歌手の王力宏さんらが登場。豪華な顔触れに、選手から黄色い歓声も上がった。
 ソウル大会以来、20年ぶりにアジアで開かれた夏季五輪。有名人を総動員して、中国を中心としたアジアンパワーを強く印象付けた。 (了)
(2008/08/24 23:30)

記事一覧



北京五輪名場面集