時事通信社
その他の競技

温首相も度忘れ?手のひら確認=パラリンピック聖火採火式−中国

 【北京28日時事】「北京2008年パラリンピック聖火…」−。28日午前行われた北京パラリンピックの聖火採火式で、中国の温家宝首相が聖火リレー開始を宣言する場面で口ごもり、沈黙が流れるハプニングが発生した。温首相はとっさに、文言を書いていたとみられる手のひらをチラリ。何事もなかったかのように「リレー開始!」と高らかに宣言した。
 採火式の模様は国営中央テレビが生中継。テレビを見た一般市民は、「演説慣れした温首相も度忘れすることがあるのか」「感極まったのか」と一様に驚いている。
 ただ同テレビの昼のニュースでは、この場面はすべてカットされた。3月に行われた五輪聖火リレーの到着歓迎式典は胡錦濤国家主席の開始宣言を中心に伝えていることから、指導者の意外な一面を報道するのは意図的に避けたものとみられる。 (了)
(2008/08/28 21:06)

記事一覧



北京五輪名場面集