時事通信社
バドミントン

野球の日本、キューバと第1戦=第6日の見どころ〔五輪〕

 野球の1次リーグがスタート。初の金メダルを目指す日本は初戦でキューバと対戦する。過去4度の五輪のうち3度優勝している強豪を相手に、どんな戦いを見せるか。
 競泳は男子200メートルバタフライ決勝があり、準決勝を2位で通過した松田丈志(ミズノ)にメダルの期待が掛かる。マイケル・フェルプス(米国)は夏季五輪単独最多となる通算10個目の金メダルが有力。同200メートル平泳ぎ準決勝には2冠を目指す北島康介(日本コカ・コーラ)が出場。
 バドミントンの女子ダブルスでは末綱聡子、前田美順(NEC・SKY)組が決勝進出を懸け、第4シードの韓国組と対戦。準々決勝で前回金の中国ペアを破った勢いが続くか。
 柔道は男子90キロ級が前回銀の泉浩(旭化成)、女子70キロ級は連覇が懸かる上野雅恵(三井住友海上)。馬術は馬場馬術団体兼個人1次予選が始まる。今大会参加選手中最年長、67歳の法華津寛(アバロン・ヒルサイドファーム)は14日に登場する。(了)
(2008/08/12 19:14)

記事一覧



北京五輪名場面集