時事通信社
バドミントン

末綱、前田組は決勝進出ならず=韓国ペアに敗れ3位決定戦へ〔五輪・バドミントン〕

 バドミントンは13日、女子ダブルス準決勝で世界ランキング8位の末綱聡子、前田美順(NEC・SKY)組が同4位の李孝貞、李敬元(韓国)組に0−2で敗れ、決勝進出はならなかった。末綱、前田組は15日の3位決定戦に回り、日本勢初のメダル獲得に挑む。
 男子ダブルスの舛田圭太、大束忠司(トナミ運輸)組は準々決勝で敗れた。 (北京時事)
(2008/08/13 15:53)

記事一覧



北京五輪名場面集