時事通信社
バドミントン

柔道女子、上野も連覇=太田は銀、フェンシング初のメダル−北京五輪

 【北京13日時事】北京五輪第6日は13日、柔道の女子70キロ級で上野雅恵(三井住友海上)がアテネ五輪に続いての優勝を果たした。日本選手の金メダルは柔道男子66キロ級の内柴正人(旭化成)、競泳男子100メートル平泳ぎの北島康介(日本コカ・コーラ)、柔道女子63キロ級の谷本歩実(コマツ)に続いて4個目で、いずれも2大会連続制覇。男子90キロ級で前回銀の泉浩(旭化成)は2回戦で敗れた。
 フェンシングの男子フルーレ個人で、太田雄貴(京都ク)は決勝でドイツの選手に敗れて金は逃したが、日本選手として初のメダル獲得。バドミントン女子ダブルスの末綱聡子、前田美順(NEC・SKY)組は準決勝で韓国組に敗れ、3位決定戦に回る。
 野球がこの日始まり、日本は初戦でキューバに2−4で敗れた。ソフトボールは日本が台湾に2−1で勝って2連勝。1次リーグ敗退が決まっていたサッカー男子はオランダに0−1で敗れ、3戦3敗で終わった。(了)
(2008/08/13 23:52)

記事一覧



北京五輪名場面集