時事通信社
サッカー

ドイツ、意地のメダル=女子サッカー〔五輪・サッカー〕

 ドイツがW杯女王の意地で、日本のメダル獲得の夢を奪った。0−0で折り返した後半、早い時間帯で、次々と交代枠を使った。女性のナイド監督は、「何かを変える必要があったので、創造的な選手を投入した」。狙い通りに攻撃が活性化。日本を絶望のふちに追い込む2ゴールを決めたのも、途中出場のバイラマイだった。
 今大会は組織的な守備に比べて、攻撃は本来の迫力を欠き、準決勝でブラジルに大敗。五輪初の金メダルはならなかった。「メダルは幸運だった。攻撃に課題があった」と指揮官の喜びも半分だった。(北京時事)
(2008/08/21 23:58)

記事一覧



北京五輪名場面集