時事通信社
サッカー

ブラジル、遠い女王の座=女子サッカー〔五輪・サッカー〕

 女王の座は、近いようで、遠い。ブラジルは4年前のアテネ五輪に続き、決勝で米国に延長戦の末、競り負けた。昨年のワールドカップ(W杯)でも決勝でドイツに苦杯を喫しており、最近の女子世界大会で、3連続準優勝に甘んじる結果に。この日の米国戦は、準決勝でドイツ相手に4ゴールを奪った攻撃が、不発に終わった。エースのマルタは「何が起きたのか分からない。誰もが金メダルを欲していたのに…」。表彰式では、銀メダルを胸に、悔し涙がとめどなく流れた。(北京時事)
(2008/08/22 05:26)

記事一覧



北京五輪名場面集