時事通信社
馬術
五輪特集トップ馬術>指定記事

大岩、五輪再挑戦に意欲〔五輪・馬術〕

 総合馬術に日本から唯一参加した大岩は最後の障害飛越で挽回(ばんかい)を目指したが、49位にとどまり、上位25人による決勝進出を逃した。2006年のドーハ・アジア大会個人金メダリストとして乗り込んだ初の五輪の感想を聞かれると、「もう少し自分にゆとりがあれば良かったのだが。こういうところで実力を発揮できないのは致命的」と不完全燃焼の内容に口をとがらせた。
 4年後のロンドン五輪は、自らの活動拠点を置く英国での開催。「できることなら出たい」と再挑戦に意欲を示した。(香港時事)
(2008/08/13 00:37)



北京五輪名場面集