時事通信社
体操
五輪特集トップ体操>指定記事

陳一氷がつり輪制す〔五輪・体操〕

 体操は18日、男女の種目別決勝を行い、男子のつり輪では昨年の世界選手権を制した陳一氷(中国)が優勝した。中国勢は男子種目で大会5個目の金メダル。2位にも中国の楊威が入った。跳馬はレシェク・ブラニク(ポーランド)が勝ち、体操で同国に初の金メダルをもたらした。
 女子の段違い平行棒では何可欣(中国)が16.725点で優勝。ナスティア・リューキン(米国)も同点だったが、減点平均で及ばなかった。この日行われた3種目に日本選手は出場していない。 (北京時事) (2008/08/18 21:32)

記事一覧



北京五輪名場面集