時事通信社
柔道
五輪特集トップ柔道>指定記事

天衣無縫の最重量級王者=「勝ち」にこだわり頂点へ−石井慧〔五輪・柔道〕

 柔道の本家日本にあって最重量級を託された21歳、石井慧(国士大)は天衣無縫だ。型にはまることを嫌がる。歯に衣(きぬ)着せぬ発言は、時に周囲を惑わせる。嫌いなことは負けること。勝負師という言葉がぴったりとはまる。
 早くから期待を掛けられた。大阪・清風高から、1年生の冬に東京・国士舘高へ編入。「強い人の中でやりたかったから。強い人とできるのは最高の幸せ」と振り返る。
 2006年の全日本選手権で初優勝。19歳4カ月の史上最年少記録を打ち立て、「世界の山下」を超えた。当時は100キロ級。決勝で先輩の鈴木桂治を破った。そして、こう言い放った。「10連覇を達成できる(可能性がある)のは僕だけ」
 昨年秋、100キロ超級へ転向。北京五輪の代表選考会にぎりぎり間に合う決断だった。この階級でのデビューとなった12月の嘉納杯東京国際では、決勝で井上康生に優勢勝ちして優勝。今年2月のオーストリア国際にも連勝。世代交代が近いことを印象付けた。
 「やめろ」と言われても、なお続けようとするほどの練習の虫。けがも多い。今春、全日本選抜体重別選手権前に、左尻の筋を断裂。最終選考会の全日本選手権は一発勝負で代表を勝ち取った。
 がむしゃらに結果だけを追い求めるスタイルには批判もある。一本を取る柔道を標ぼうする日本の関係者にとって、煙たい存在でもある。だが、委細構わず「勝ち負けにこだわるから面白い。次はもっとちゃんとした形で勝てるようにしよう、といつも思う」。
 大相撲の横綱朝青龍を慕う。「負けて騒がれるようにならないといけない」。破天荒な五輪王者が誕生した。(北京時事)
(2008/08/15 21:32)

記事一覧



北京五輪名場面集