時事通信社
柔道
五輪特集トップ柔道>指定記事

石井が金、塚田は連覇逃し銀=なでしこ、初の4強進出−北京五輪

 【北京15日時事】北京五輪第8日は15日、柔道で男子100キロ超級の石井慧(国士大)が優勝を遂げた。日本はアテネ五輪の鈴木桂治(平成管財)に続き、この階級2大会連続制覇。女子78キロ超級の塚田真希(綜合警備保障)は決勝で敗れ、連覇を逃した。
 日本選手の金メダル獲得は6日連続で、今大会6個目。柔道はこの日で全階級が終了し、男女各2個の金を獲得した。
 サッカーの日本女子は準々決勝で中国に2−0で勝ち、初の4強進出。準決勝では米国と対戦する。野球の日本はオランダを6−0で下し、2勝1敗とした。
 陸上の男子100メートルは塚原直貴(富士通)が2次予選を突破し、日本選手として2大会ぶりの準決勝進出。朝原宣治(大阪ガス)は2次で落選した。男子400メートル障害で為末大(APF)、成迫健児(ミズノ)はともに予選落ち。女子1万メートル決勝で日本勢は福士加代子(ワコール)の11位が最高。渋井陽子(三井住友海上)は17位、赤羽有紀子(ホクレン)は20位だった。
 カヌーのスラローム女子カヤックシングルで、竹下百合子(早大)が日本五輪史上最高の4位に入賞。バドミントンの女子ダブルスでは末綱聡子、前田美順(NEC・SKY)組が3位決定戦で敗れ、日本勢初のメダル獲得はならなかった。 (了)
(2008/08/16 01:02)

記事一覧



北京五輪名場面集