時事通信社
柔道
五輪特集トップ柔道>指定記事

メダル30以上「厳しい」=日本選手団総監督〔五輪〕

 【北京20日時事】北京五輪日本選手団の上村春樹総監督は20日、現時点の成績を踏まえ、当初目標に掲げたメダル総数30個以上について「厳しい状況になってきた」と語り、到達は難しいとの見通しを示した。上村総監督は、金メダル候補と目された柔道男子100キロ級の鈴木桂治(平成管財)、陸上男子ハンマー投げの室伏広治(ミズノ)が連覇を逃し、女子マラソンの野口みずき(シスメックス)が故障で欠場したことなどを誤算として挙げた。(了) (2008/08/20 20:34)

記事一覧



北京五輪名場面集