時事通信社
柔道
五輪特集トップ柔道>指定記事

柔道男子、敗因は甘さ=北京五輪

 全日本柔道連盟は27日、東京都内で強化委員会を開き、金メダル4個に終わった北京五輪の総括を行った。男子は金2個で、それ以外の5階級はメダル争いに絡めなかった。斉藤仁監督は「自分から厳しい環境に飛び込んでいけなかった」と選手の甘さを敗因に挙げた。金2、銀1、銅2個の女子はおおむね好評価。日蔭暢年監督は「やはり、けいこ量と基礎体力。(強化方針に)間違いはなかった」と話した。
 男女とも現体制は10月いっぱいで、11月から新体制が発足する。 (了) (2008/08/27 20:17)

記事一覧



北京五輪名場面集