時事通信社
競泳,水球

シュテフェン、勝負強く2冠〔五輪・競泳〕

 女子50メートル自由形は100メートル優勝のシュテフェンが競り勝った。先行した41歳のトーレスを最後の一かきでとらえると、0秒01差で抑えた。
 「勝負はラスト10メートルにかかっていると、コーチに言われていた」。100メートルを0秒04差で制した勝負強さを再び発揮し、自由形短距離2冠に輝いた。
 アテネ五輪後は「これ以上水泳を続けられない」と約6カ月間休養。プールに戻るには精神科の医師の助けを必要とした。苦難を乗り越えた24歳は、表彰台で晴れやかな笑顔を見せた。(北京時事)
(2008/08/17 15:35)

記事一覧



北京五輪名場面集