時事通信社
競泳,水球

有終の美に「最高です」=連続銅にはじける笑顔−競泳リレー〔五輪・競泳〕

 【北京17日時事】「最高です」。チームを引っ張った北島康介選手(25)がはじける笑顔を見せた。17日、北京五輪競泳の男子400メートルメドレーリレーで、日本は前回に続いて銅メダルを獲得し、有終の美を飾った。
 背泳ぎの宮下純一(24)、平泳ぎの北島、バタフライの藤井拓郎(23)、自由形の佐藤久佳(21)の各選手がつないだ。泳ぎ終えた佐藤選手がプールから上がると、4人は肩を寄せて抱き合った。
 北島選手は「最高です。4人で頑張った結果がこのメダルだと思う」とうれしさを隠せない。先輩として3人を引っ張り、「(3人の)肝っ玉が据わってるんで何も言うことはなかった。信頼しているところが大きかった」。
 個人の100メートル自由形では予選40位に沈んだ佐藤選手。北島選手から「絶対メダル取るぞ」と言われていたそうで、「正直ほっとしている。康介さんは頼りになる先輩」と表情を緩めた。
 「ずっとこれに出て勝ちたかった。今までで一番いいレース…」。宮下選手は涙で言葉にならない。バタフライ泳者では怪物マイケル・フェルプス選手(米国)に次ぐ2番目のタイムで大健闘した藤井選手は「自分の持っているものを出せた」と満足そう。
 北京五輪競泳最後の表彰台。北島選手は銅メダルを掛けてもらうと、白い歯を見せ、緊張感から解放されたような満面の笑み。8個の金メダル獲得で特別に表彰されて涙ぐむフェルプス選手に拍手を送っていた。(了)
(2008/08/17 17:46)

記事一覧



北京五輪名場面集