時事通信社
競泳,水球

新種目オープンウオーターを実施=イルチェンコが初代女王に〔五輪・競泳〕

 【北京20日時事】北京五輪から採用された水泳の新種目、オープンウオーターが20日、当地の五輪水上公園で始まった。
 オープンウオーターとは、海や川、湖など自然の水の中で行う水泳競技。今大会では、カヌーとボートの競技会場ともなっている人工湖を時計回りに4周して競う。約2時間の長丁場となるため、コース途中には給水所も設けられている。
 この日行われたのは女子10キロ。世界選手権を制したラリーサ・イルチェンコ(ロシア)、同2位のカサンドラ・パッテン(英国)らが先頭集団を形成し、レースを引っ張った。最後の直線でイルチェンコがスパートし、最初にゴール板にタッチ。1時間59分27秒7で初代女王となり、「とても幸せ。本当にハードなレースだったから」と感慨に浸った。
 左足のひざから下を事故で失ったナタリー・デュトイト(南アフリカ)は、16位で完泳した。 (了) (2008/08/20 13:26)

記事一覧



北京五輪名場面集