時事通信社
競泳,水球

会長「奇跡」、選手は「残念」=モンテネグロ〔五輪〕

 北京五輪に初参加したモンテネグロ・オリンピック委員会のシモノビッチ会長が23日の記者会見で、陸上、柔道などに計19選手が出場した中、ベスト4入りした水球男子を評価し「奇跡を信じてやってきて奇跡が起きた。選手たちの日々の努力と周囲のサポートのおかげ」と喜んだ。
 しかし、実際は「初参加」と言えない部分も。前回アテネ五輪の水球男子でセルビア・モンテネグロの代表として銀メダルを獲得したゴイコビッチは、決勝進出を逃して「金メダルを目指していただけに残念だ」。同国は24日の3位決定戦でセルビアと対戦する。(北京時事)
(2008/08/23 17:35)

記事一覧



北京五輪名場面集