時事通信社
セーリング

デンマークの失格申し立て〔五輪・セーリング〕

 【北京21日時事】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は21日、北京五輪のセーリング49er級を制したワーラー、イブセン(デンマーク)組が17日の最終レースで他チームの艇を使用したとして、スペイン、イタリア両国のオリンピック委員会から失格を求める申し立てがあったと発表した。22日に審理が行われる。
 デンマーク組は最終レースのスタート直前に自艇のマストが壊れ、レースに出場しなかったクロアチアの艇を借りて出場した。同級の最終成績は2位がスペイン、3位がドイツ、4位がイタリアだった。(了)
(2008/08/21 18:30)



北京五輪名場面集