時事通信社
ソフトボール

「会って抱き付きたい」=上野選手の両親−ソフトボール〔五輪・ソフトボール〕

 ソフトボールで金メダルを獲得したエース上野由岐子投手(26)の父正通さん(54)さんは、観客席で娘の勝利に「夢を見ているみたい。すごい子供です」と感動。「全員が(娘を)守ってくれた。おめでとうと言って抱き付きたい。最高です」と笑顔を見せた。
 母京都さん(52)さんは「24時間、ソフトボールのことばかり考え、『いかに時間を使うかが結果につながる』と言っていた。体力は限界だったでしょう。休ませてあげたい」と思いやった。
 上野選手の精神力の強さについて、京都さんは「好きの一念とアテネの悔しさがあった。宇津木さんや斎藤監督、みなさんに支えられ、育ててもらった」と感謝した。
 20日のオーストラリア戦後、上野選手に「おめでとう」と声を掛けると、「こんな長い試合でごめんね」と気遣う言葉が返ってきたという。京都さんは「あんな大変な試合をして、どうしてこういうことを言えるんでしょう」と目を細めた。(北京時事)
正通(まさみち)京都(みやこ)
(2008/08/22 00:53)

記事一覧



北京五輪名場面集