時事通信社
テコンドー

ロペス兄、金ならず〔五輪・テコンドー〕

 男子80キロ級で米国のS・ロペスは2回戦でイタリアのサルミエントに1−2で敗戦。2000年シドニー五輪で68キロ級、04年アテネ五輪で80キロ級を制したが、3度目の優勝はならなかった。
 テコンドー一家で、今大会の68キロ級で弟のマークが銀、女子57キロ級で妹のダイアナが銅メダルを獲得。「2人がいて心強いし、みんなハードな練習をしてきた。銀と銅なんだから、金を取るのが自分の仕事」と意気込んだが、かなわなかった。それでも、敗者復活戦を勝ち上がって銅メダル。兄の面目を保った。(北京時事)
(2008/08/22 22:25)



北京五輪名場面集