時事通信社
卓球
五輪特集トップ卓球>指定記事

ボルト2百も世界新2冠=ソフト日本が豪破り決勝−シンクロ鈴木・原田組銅〔五輪〕

 【北京20日時事】北京五輪第13日は20日、陸上の男子200メートル決勝でウサイン・ボルト(ジャマイカ)が19秒30の世界新記録で優勝した。ボルトは100メートルも9秒69の世界新で制しており、1984年ロサンゼルス五輪のカール・ルイス(米国)以来の両種目での2冠を達成した。
 ソフトボールの日本は2大会ぶりに決勝へ進出し、銀メダル以上を決めた。初優勝を懸け、21日の決勝では4連覇を狙う米国と対戦する。日本は準決勝で米国に延長9回1−4で敗れ、3位決定戦でオーストラリアと接戦の末、延長12回サヨナラ勝ちした。エースの上野由岐子(ルネサス高崎)は2試合で21回を投げ抜いた。豪州は3位。
 シンクロナイズドスイミングはデュエット決勝のフリールーティン(FR)を行い、鈴木絵美子、原田早穂(ミキハウス)組が銅メダル。日本はロサンゼルス五輪から実施全種目でメダルを取っている。女子高飛び込み予選で中川真依(金沢学院大)は9位で準決勝へ。
 卓球の女子シングルスは、福原愛(ANA)が3回戦を突破。平野早矢香(ミキハウス)、福岡春菜(中国電力)は3回戦で敗れた。
 野球の日本は米国に延長11回2−4で敗れ、通算4勝3敗の4位で1次リーグを終了。準決勝では1次1位の韓国と対戦し、2位のキューバは3位米国と当たる。 (了) (2008/08/21 00:46)

記事一覧



北京五輪名場面集