時事通信社
卓球
五輪特集トップ卓球>指定記事

ソフト日本、延長で敗れる=レスリングの池松は初戦負け〔五輪〕

 【北京20日時事】北京五輪第13日は20日、ソフトボールの日本は準決勝で米国に延長9回1−4で敗れた。日本はエースの上野由岐子(ルネサス高崎)が7回まで無失点に抑える力投を見せたが、0−0からタイブレークに入って2イニング目の9回に本塁打などで4点を奪われた。米国は21日の決勝へ進出。日本はこの後、オーストラリア−カナダの勝者と対戦し、勝てば決勝進出、負ければ3位が決まる。
 レスリングの男子フリースタイル66キロ級では、池松和彦(K−POWERS)が初戦の2回戦でグルジアの選手に敗れ、敗者復活戦にも回れなかった。卓球の女子シングルス2回戦で福岡春菜(中国電力)がタイの選手に勝って3回戦に進出。福原愛(ANA)、平野早矢香(ミキハウス)は3回戦から登場。
 シンクロナイズドスイミングはデュエットのフリールーティン(FR)決勝。女子高飛び込み予選には中川真依(金沢学院大)が出場する。野球は1次リーグ最終戦で、準決勝進出を決めている日本は米国との対戦。
 陸上は男子200メートル決勝が夜に行われ、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が1984年ロサンゼルス五輪のカール・ルイス(米国)以来となる100メートルとの2冠に挑む。
 今回新種目となった水泳のオープンウオーター、自転車のBMX(バイシクルモトクロス)も行われた。 (了) (2008/08/20 13:19)

記事一覧



北京五輪名場面集