時事通信社
卓球
五輪特集トップ卓球>指定記事

中国の観客にも感謝=愛スマイルでフィナーレ−福原選手〔五輪・卓球〕

 【北京21日時事】「夢の舞台で五輪チャンピオンと試合できてよかった」。北京五輪卓球女子シングルス4回戦で、世界ランキング1位の張怡寧選手(中国)に敗れて全試合を終えた福原愛選手(19)は、笑顔で振り返った。
 2005年から世界最高峰の中国スーパーリーグに参加。中国語も堪能で、中国では「瓷娃娃(ツーワーワー、磁器の人形)」「小愛(シャオアイ)」の愛称で親しまれる。試合中は張選手への「加油(頑張れ)」の大声援に交じり、中国語で「福原愛」コールも起きた。「(張選手は)北京出身なのに、(自分を)応援してくれてうれしい。中国の人の声援が聞こえた」と福原選手。
 「納得いくプレーができた。アテネ出場はラッキーだったけど、北京は狙って出られたので満足。悔いは残っていない」とも。家族や監督への感謝を口にした後、報道陣に「ありがとうございました」。愛ちゃんスマイルで締めくくった。(了)
張怡寧(ちょう・いねい) (2008/08/21 13:08)

記事一覧



北京五輪名場面集