時事通信社
重量挙げ
五輪特集トップ>重量挙げ

ウクライナ重量挙げ選手を追放=IOC〔五輪・重量挙げ〕

 【北京23日時事】国際オリンピック委員会(IOC)は23日、北京五輪のドーピング(禁止薬物使用)検査で陽性となった重量挙げ男子105キロ級6位のイゴール・ラゾロノフ(ウクライナ)を失格とし、大会から追放すると発表した。18日の競技後の検査サンプルから筋肉増強作用のあるナンドロロンが検出された。今大会で薬物違反が明らかになったのは6件目。 (了)
(2008/08/23 19:25)

五輪・おっと、危ない

トップ写真

男子重量挙げ94キロ級で失敗、身動きがとれずに助けを待つグルジアのカサビエフ選手。同選手は惜しくもメダルを逃したが、健闘して4位に入賞した(17日、北京) 【AFP=時事】



北京五輪名場面集