時事通信社
テニス
五輪特集トップテニス>指定記事

柔道女子、谷本が2連覇=サッカー女子は準々決勝進出−北京五輪

 【北京12日時事】北京五輪第5日は12日、柔道女子63キロ級で谷本歩実(コマツ)が初戦から決勝まで一本勝ちし、五輪2連覇を遂げた。柔道女子では、48キロ級でシドニー、アテネ五輪を制した谷亮子(トヨタ自動車)に次いで2人目の連覇。日本選手の今大会の金メダルは柔道男子66キロ級の内柴正人(旭化成)、競泳男子100メートル平泳ぎの北島康介(日本コカ・コーラ)に続いて3個となった。
 男子81キロ級の小野卓志(了徳寺学園職)は初戦の2回戦で敗れた。
 競泳の男子200メートル予選は、2大会連続2冠に王手をかけた北島が全体6位で準決勝へ進出。女子200メートルバタフライ予選は前回銅メダルの中西悠子(枚方SS)が全体3位、星奈津美(埼玉・春日部共栄高)は6位で準決勝へ進んだ。
 サッカー女子の日本は1次リーグ最終のノルウェー戦で5−1と快勝し、準々決勝進出。ソフトボールの日本は、ライバルのオーストラリアを4−3で下して初戦を飾った。ホッケー女子は米国と引き分け。バレーボール男子はブルガリアに敗れ、2連敗となった。(了)
(2008/08/13 02:04)

記事一覧



北京五輪名場面集