時事通信社
陸上
五輪特集トップ陸上>指定記事

北京五輪・談話(男子マラソン)〔五輪・陸上〕

◇勝負にならなかった
 尾方剛 速い展開はある程度予測できたが、最初にいい位置で走れなかった。(最初の5キロを)14分台で入られ、あの集団に入るのはきつかった。(自分が)何位か全然分からず、一人一人抜いて粘るしかないと思った。(ワンジルには)力の違いを見せ付けられた。とても悔しい。勝負にならなかった。
◇我慢できた
 ケニア・ワンジル とても気持ちいい。優勝することをずっと考えていた。ケニア初(の金メダル)だから、うれしい。(日本では)きつくても我慢することを教わった。きょうは我慢できた。完ぺき。次のオリンピックも優勝したい。
◇力不足
 佐藤敦之 力を出し切れず残念だが、最後まで走り切れてよかった。もう少し前半から速いペースでいって粘れれば良かったが、力不足。76位というのをしっかり受け止めて、一歩一歩精進していきたい。改めて反省して、次に向かって頑張りたい。(時事)
(2008/08/24 11:34)

記事一覧



北京五輪名場面集