時事通信社
陸上
五輪特集トップ陸上>指定記事

復帰は来年7月以降=110障害棄権の劉翔−孫コーチ

 【北京28日時事】28日付の中国紙、中国青年報によると、北京五輪陸上男子110メートル障害を右アキレスけん痛のため棄権した劉翔(中国)を指導する孫海平コーチは、劉翔の復帰時期について「早くても来年7月以降になる」との見通しを示した。脚の腫れはほぼ引いたが、今後3−4カ月の休養が必要という。
 孫コーチは「劉翔はまだ若く、(選手生命は)ピークの状態にある。再び最高の状態に戻ることができると信じている」と語り、完全復活に自信を示した。 (了) (2008/08/28 21:27)

記事一覧



北京五輪名場面集