時事通信社
バレーボール

北京五輪・談話(バレーボール)〔五輪・バレーボール〕

◇我慢すること
 柳本晶一女子監督 負けた原因はいろいろあるが、メンタル面で我慢することが要求される。勝ちたいという気持ちが(勝敗を)分けたのではないか。(準々決勝は)やはりサーブ、レシーブが重要になる。
◇相手のバレーさせた
 竹下佳江主将 序盤はすごくいい展開に持ち込めていたが、自分たちのミスから相手のバレーを展開させてしまった。我慢強く戦い続けられなかった結果だと思う。
◇ショック
 栗原恵 自分が決め切れず、相手のレフトにいいように決められた。ショックです。
◇力出せていない
 荒木絵里香 第1セットは絶対取らないといけなかった。(ブラジル戦は)やるしかない。まだ良かったり悪かったりでコンスタントに力が出せていない。(時事)
(2008/08/17 23:38)

記事一覧



北京五輪名場面集